2023年1月29日日曜日

【冬山】チトカニウシ山 北見峠コース 【バックカントリー】山スキー BC

 

山頂にて
山頂からは南西や東斜面に落とすことができる
登りルート以外を滑る場合は雪崩要注意

—————–

山:チトカニウシ山
標高:1445.6m
活動距離:10.6km
高低差:800m
累積標高上り/下り 977m / 981m
往路コース:西の電線林道コース
復路コース:東の林道コース
登り:3時間30分
下り:1時間
体力度:★★★☆☆
危険度:★★☆☆☆(往路ルート以外を滑る場合は危険度増)
オススメ度:★★★★★
レベル:中級

トイレ:道の駅しらたき
トイレMAP:https://goo.gl/maps/PjiSDwpWn3znr2my7

登山口駐車場:カーブの駐車帯に6台程度 + 北見峠駐車場
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/32KY69Kthbzocz4t5

温泉:黒岳の湯 600円(ロープウェイの乗り場に100円の割引券あり)
温泉URL:http://www.sounkyo.com/kurodakenoyu.html
温泉MAP:https://goo.gl/maps/ZN7oj8yJPDA2

YAMAP:https://yamap.com/activities/9502080 (2021/01/17)
—————–
 チトカニウシ山は標高:1445.6mの山でバックカントリーが人気の道北の山だ。名前が長いので、「チトカニ」と呼ばれることが多い。
 コースは上越南西尾根ルートと、北見峠のコースがある。現在は北見峠からのコースが一般的である。
 今回は北見峠から登るコースを紹介しよう。
 北見峠から登るルートも二つあり、メジャーなのが西側の電線が続く林道から登るコースだ。もう一つは東側の林道に続くルートだ。東側の林道は帰りは必ずシールを付けなければ帰ることができないが、950ポコの南側に150mほど快適な斜面を最後に滑ることができる。どっちを行くにしてもかなり平坦な微妙なアップダウンがあるため、潔くシールをつけて下山する方が楽で速い。
 今回は東側の林道を歩いて950mのポコを右側にできるだけ巻いていくルートを紹介しよう。
 山頂が近くなるにつれてカリカリ斜面が出てくる。山頂を目指すならスキーアイゼンは必須だ。
 滑る斜面は登ってきたルートと同じ尾根を滑るのが一般的だ。
 山頂からの東斜面や、南西斜面はとても魅力的な斜面だが、雪崩に関する知識があって、ピットチェックできちんと判断できることが前提だ。登りルート以外を滑る場合は上級となる。











登山口
ここからすぐ左方向に歩き、西側の林道にとりつく
東に行く場合はすぐに右



950mポコを過ぎるとチトカニウシ山山頂がよくみえる

南西に登る広い尾根を登っていく

旭岳、黒岳がある大雪山が後ろに見える


山頂近くになるとカリカリ斜面だ
山頂を目指すならスキーアイゼンは必須だ


山頂にて
山頂からは南西や東斜面に落とすことができる
登りルート以外を滑る場合は雪崩要注意

南西斜面
雪崩の危険性があるため、ピットチェックを必ずしよう
雪崩に関する知識がない場合は滑るのはお勧めしない


動画はこちら

2021


2023






北海道雪山ガイド(冬山)(スマホの場合はこちらをクリック)

Google MAPにて登山口までの情報と、各コースへの登山情報が得られます
主に山スキーを想定して記載しています。スプレッドシートの一覧表はこちら
※まだまだ情報は少ないです。現在も作成中

2023年1月26日木曜日

【冬山】労山熊見山 南尾根から北斜面滑走コース




—————–
山:労山熊見山
標高:1327.8m
活動距離:6.60km
高低差:1467m
累積標高上り/下り:995m / 1,041m
往路コース:南尾根から北斜面滑走コース
復路コース:南尾根から北斜面滑走コース
登り:2時間20分
下り:50分
体力度:★★★☆☆
危険度:★★☆☆☆
オススメ度:★★★★★
レベル:中級

トイレ:道の駅 樹海ロード日高
トイレマップ:https://goo.gl/maps/vxZ8NR21CHG2

登山口駐車場:カーブ手前の駐車場8台程度
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/EMYDLN3X9m62

温泉:ひだか高原荘(400円)
温泉URL:http://www.koogenso.co.jp/wp/
温泉MAP:https://goo.gl/maps/RRsvDcc5QC72

YAMAP:
https://yamap.com/activities/22153177 (2023/01/17)
————————
 労山熊見山(ろうざんくまみやま)は、日勝峠の近くに登山口がある山で地形図上では名前がない無名峰となっている。「帯広勤労者山岳会(通称:帯広労山)」が開拓したため労山熊見山と呼ばれている。
 登山口から山頂までのピストンであれば初級だが、今回は南尾根から登り、北斜面を滑って登り返す中級者向けのコースを紹介しよう。
 駐車場から道路を渡りスタートする。スタートから30分ほどで初心者でもすべり安いゲレンデのような広い緩斜面がある。ここはスキーの下手な「ホヅさん」がよく練習していたため、「ホヅゲレンデ」と呼ばれている。1時間も登れば山頂に到着だだ。山頂からは滑走準備をして北東斜面を標高差300mほど落とす。北西の尾根に250mほど登り返し東側の斜面に同じ沢まで落とす。
 再び労山熊見山山頂まで登り返し。ホヅゲレンデを滑走する。山頂から登山口に滑るときは右に行くように意識しないと東の沢に迷い込んでしまうため注意が必要だ。
 山頂から東側の斜面は「青木ゲレンデ」と呼ばれる滑りに適した斜面だ。時間と体力に余裕があればここも滑りたい。由来は不明。青木さんがよく練習していたのだろうか。。情報あればコメントお願いたい。







登山口駐車場

登山口駐車場

道路の反対側がスタート地点となる。

すぐに広い緩やかな斜面となる

後ろには沙流岳が見える

ホヅゲレンデ

山頂手前

山頂からの景色

北東斜面を滑ったあとに標高1000mの沢から登り返し

沢から北西に向けて登り返している

沢から北西に向かっているところ

登り返した標高1230mの尾根から労山熊見山山頂方面

尾根の雪庇に乗り上げる

尾根の雪庇からドロップ


左奥が労山熊見山

再び沢に落として南西の方角を見る

沢から労山熊見山に向けて登る

動画はこちら

2018/02/25



2023/01/17の動画はこちら






















積雪観察に必要な装備 バックカントリー雪崩事故防止のための知識とアイテム

 



雪崩事故防止のために必要な積雪観察に必要な装備、アイテムについてご紹介



・スノーソー(これがなければ始まらない)

このスノーソーは普通のノコギリでもOK

  


ノコギリの場合、このように加工すると良い




積雪観察カード(北海道雪崩研究会オリジナル)



ワイヤーソー(ECT エクステンデットコラムテストに必要なもの)

CTでSPやSCが出た場合に行う破壊の伝播性を評価するECTには、ワイヤーソーが必要。


ECTのやり方はこちら







・100円のタッパー

積雪観察カードは割れやすいため、それを保護し、ほかのアイテムも一緒に詰める

キャンドゥで購入した100円のタッパー

積雪観察キッドとしてまとめている


ルーペ

こちらは雪の結晶を観察するもの

ルーペは落としてしまわないように積雪観察カードに紐で結んでいる




KDS ミニロッドC MN2502C

ピットチェックのときに長さを図るもの
※プローブより正確に測れる








・ナイフ(なんでも良い)





北海道雪崩研究会がオリジナルで作っている耐水性のあるノートを制作している。






【動画】
これらの道具については、以下動画の10:37より説明しています。