登山用の靴下の素材はどっちがいいか?メリノウールとウイックロンの違い

登山初心者が最初に悩む、というかそもそも素材がいろいろあることに気付かずに買ってしまうと思うトレッキングソックス。

登山を始めるときに最初に目にすると思うモンベルの商品で比較をしてみます。








私が登山を始めるとき、最初の頃はとりあえず登山用の靴下は厚手であればいいと思ってたので、とくに素材にこだわることはありませんでした。
しかし、今はちゃんと見て判断しなかったことを後悔しています。

今から比較をするのでちゃんと素材を見て失敗しないお買い物をしましょう。

モンベルや登山用品店に行くと、大きく分けてウイックロン(WIC 速乾素材)とメリノウール(ウール)の素材の靴下があります。

どちらもクッション性に優れているのですが、主に以下の違いがあります。

------------------
【ウイックロン(WIC 速乾素材)】

・メリット
速乾性に優れていて濡れてもすぐ乾く。洗濯後も1時間くらいで乾く


・デメリット
防臭効果が全くないため登山靴を脱いだ後は恐ろしいことになる


------------------

【メリノウール(ウール)】

・メリット
防臭効果が高く、登山靴を脱いだ後もウイックロンのような恐ろしいことにならない。


・デメリット
濡れてもすぐ乾かない。洗濯後も乾くのに5時間以上はかかる

------------------


とまぁ、一長一短なのですが、両方を履き続けてきた私は断然します!

ウイックロンはやめましょう(笑

両方持っていると、絶対にウイックロンは履かないようにしています。やっぱり臭いが本当に大変なことになるからです。

私の足は絶対に無臭だ!という方ならいいかもしれませんが、そうじゃない方は絶対に後悔しいますよ。

よっぽど過酷な登山でもしない限り、濡れたあとにすぐ乾く必要なんてほぼないでしょうから。

ウイックロンが唯一役に立ったと思ったのは、何日も連続で登山をしていたときくらいです。
メリノウールはなかなか乾かないので、連日登山をするときだけは洗濯してすぐ乾くウイックロンが便利でした。

ちなみに、トレッキングソックスで一番のおすすめはモンベルのメリノウール素材のサポート機能付きソックスです。ほんの少し通常のトレッキングソックスより高くなりますが、ほんのちょっとなので友人、知人に相談されたら「絶対これ!」ってお勧めしますね。




※上記リンクはAmazonアソシエイトを利用しています

動画はこちら
















0 件のコメント:

コメントを投稿