シートラーゲンとは

山スキーの登りでスキーをザックに取り付けて担いで登ること

山スキーの登りでスキーをザックに取り付けて歩いて担いで登ること

ドイツ語でSkitragen(シートラーゲン)

シートラーゲンには主に三つの方法がある

Aフレーム(Aスタイルとも)
斜めシートラーゲン(呼び方が調べてもわからない。ナッシーと呼ぶことにする)
横シートラーゲン(横シー)


Aフレーム(Aスタイルともいうらしい)
ザックの両側に取り付け、先端をバンドで固定する。アルファベットのAの文字になるためAフレームと呼ばれる





斜めシートラーゲン
調べても呼び方がわからない。
ななめシートラ→ナシトラ→ナッシー
ということで「ナッシースタイル」と呼ぶことにする
もっとカッコイイ呼び方を知っている方、あるいは思いついた方はぜひコメントをいただきたい。




横シートラーゲン(横シー)

スキーを束ねてザックのあま蓋と本体の間に挟む。
これをやっている人は見たことがない

イメージ



実際にシートラーゲンしている動画はこちら(ナッシースタイル)



0 件のコメント:

コメントを投稿