山スキー入門4.冬山に必要な服装とレイヤリング

【山スキー入門4 バックカントリーへの道】-冬山に必要な服装とレイヤリング -


関連記事
【山スキー入門1 バックカントリーへの道】-山スキーとは?-

【山スキー入門2 バックカントリーへの道】-山スキーに必要な技術-






山スキーではギアも大切ですが、服装、レイヤリングも非常に大切です。

※ここでのレイヤリングの紹介は、冬山登山、スノーボードバックカントリーどれでも共通です。

【インナーウェア(ベースレイヤー、ドライレイヤー)】

冬山でも登っていれば熱くなって汗をかきます。汗をかかないようにゆっくり登るのがベストですが、完全に汗をかかないで登るのは難しいでしょう。

冬は気温が低いため汗をかくとものすごい勢いで汗冷えします。そのため、まずはインナーウェア、ベースレイヤーをしっかり整えるのが重要になります。

・ベースレイヤーはミレーのドライナミックメッシュもいいけど、この TS DESIGN TS DRYという商品も激安で機能はほぼ変わらないのでオススメです。



インナーウェア(上)、アンダーウェア

選択肢はモンベルだとジオラインM.W.かスーパーメリノウールM.W.の中厚手どちらかになると思います。よほど寒い環境に行かない限りはこの中厚手がちょうど良いです。



ジオラインM.W.かスーパーメリノウールM.W.はどちらがいいのかはこの動画で紹介しています。


【インナーウェア(下)、アンダーウェア】

インナーウェアの下(ボトムス)はこちらのモンベル、スーパーメリノウールM.W.がおすすめです。上半身と比べて汗を描きにくい下半身は断然着心地重視です。



下着は履かなくてもいいです。履くのであればこのような乾きやすい素材にしましょう。





【ハードシェル(下) ハードシェルパンツ】

ハードシェルのボトムスはこのような商品。基本的にサイドジッパーがついているものが良いです。
※ハードシェルは保温材が入っていないものを選びましょう




【ミッドレイヤー 中間着】

上着には、フリースでもいいですが、ソフトシェルが断然お勧めです。

ソフトシェルは防風性があり、撥水性があります。
暖かい天気の良い時期には、アウターはこれ1枚で済むこともあります。




【ハードシェル(上) ハードシェルジャケット アウター】

ハードシェルはレインウェア、スキーウェア、ソフトシェルとも違います。

特徴は三つです。

1.防水透湿素材
2.ベンチレーションがある ※これが重要
3.とても丈夫にできている(硬くてゴワゴワしている)

※ハードシェルは保温材が入っていないものを選びましょう




 一番上に着るものです。これはとても重要でとくにベンチレーションは重要になります。登っているときはやはり暑いのでベンチレーションで体温調節が必要です。
これがないと、上着を脱ぐことになりますが、けっこう面倒だし、場合によっては上着を脱ぐと寒すぎる場合があります。
 また、ハードシェルは基本的に行動中ずっと一番上に来ているものなので、よく吟味してデザインも気に入ったものを購入しないと、後々買いなおしたくなります。最初にちょっと奮発して買っておいた方がいいでしょう。

動画でもハードシェルやソフトシェル、レインウェアの違いについての動画






【予備の防寒着】

予備の防寒着としてダウンベストを持っておくといざというときに役にたちます。
停滞時や休憩時に寒くなった時に着ます。ベストの方が小さくできるのでオススメ。

予備なのでユニクロのものでも十分です。





【バラクラバ 目出し帽】

目出し帽は登山用のものであればなんでも大丈夫です。



【帽子】

頭は汗をかきやすく、長時間の登山で濡れると冷える可能性があります。
そのため、必ず予備を持ちましょう。予備は100円の帽子で十分です。



【手袋】

手袋は登り専用と、下り専用(寒い時)、インナー手袋の3種類必要です(場合によっては4種類)

・インナーグローブ

生地が薄い手のベースレイヤーとなります。これは100円ショップに売っている薄手の手袋がオススメです。山メーカーのものだと以下のようなもの。



・登り用の手袋

登りは暑いので、防風性があり、撥水性がある薄めの手袋が最適です。

※以下にある防寒テムレスは登りと下りどちらにも使えます。




・下り用の手袋

下りや、頂上付近、稜線にでて寒いときは厚い防寒用の手袋をします。
丈夫じゃないとアイゼン、ピッケル、氷、枝等で破けてしまいますので安物のスキー用のグローブは危険です。
指先が冷えると行動に支障が出るため暖かいのもの選びましょう。細かい作業(ロープワーク等)を頻繁にしないのであれば、三本指になるタイプのものが暖かく、操作性も損なわないのでオススメです。





・オーバーグローブ(ものすごく寒い時用)

筆者は使っていませんが、以下のようなオーバーミトンがあるとものすごく寒い時に活躍します。下り用の手袋が心もとない場合には必須となります。




【ヘルメット】

ヘルメットは必須ではありませんが、必要な場所、場面は以下の通りです。

・岩が出ているアイゼン、ピッケルを使う場所
・スキーやボードで飛ばす人
・スキーやボードでツリーランする場所

最初はあまりいらないと思いますが、上記に当てはまる場合は購入しておきましょう。

※必ず帽子やバラクラバを被った状態で試着しましょう。自分の頭に合うかどうかが重要です。



【ゴーグル】

ゴーグルは曇りにくいものが必要です。
滑走時に装着するのはもちろんですが、吹雪いている時は登りにも使用します。
どうしても行動中に汗をかいてしまいそれが原因で曇ることがあります。
気温が極端に低いため、ゴーグルの曇りは大抵凍りつき、拭き取ることもできなくなります。視界が見えなくなると命取りになるため、手持ちのゴーグルがあまり良いものではない場合、必ず予備を持ちましょう。

※ヘルメットがある場合、必ずヘルメットと合うかどうか確認しましょう。合わないものがあるので注意





冬山装備のウェア編まとめ動画




次は「5.山スキー装備の購入について」について


※上記リンクはAmazonアソシエイトを利用しています

0 件のコメント:

コメントを投稿