樽前山 東山 樽前ヒュッテコース

有毒ガスの危険があるため山頂には行けない。
東山と西山の外輪が山頂になっている

—————–
山:樽前山
標高:1021.9m
活動距離:3.11km
高低差:387m
累積標高上り 累積標高上り 401m / 累積標高下り 385m
往路コース:樽前ヒュッテコース
復路コース:樽前ヒュッテコース
登り:1時間
下り:40分
体力度:★☆☆☆☆
危険度:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆
レベル:初級

トイレ:樽前山登山口にあるが汚い。支笏湖観光センターがお勧め。
トイレMAP:https://goo.gl/maps/afPWgVdMpDm

登山口駐車場:樽前山7合目ヒュッテ前に有(数十台)
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/HpeFVF1QXpM2

温泉:休暇村温泉 ※モンベル会員証、ベネフィット会員証で割引があります
温泉URL:http://www.qkamura.or.jp/shikotsu/hotspa/
温泉MAP:https://goo.gl/maps/TPTBfrTs6812

YAMAP:
https://yamap.co.jp/activity/433357 (2016/08/05)
https://yamap.co.jp/activity/447383 (2016/08/13)
https://yamap.co.jp/activity/965069 (2017/06/20)
—————–
樽前山(たるまえざん)は苫小牧市にある登山者で賑わう山で、現在も活動を続けている活火山になる。山頂は現在も有毒ガスが噴き出ており危険なため立入禁止となっている。そのため、実際に登ることができるのは外輪にある東山と西山だ。7合目の山小屋まで車で行けて、標高1000m超えの頂上まではわずか60分ほどで登頂できるため非常に人気が高い。道々141号線が雪解けとともに開通すると駐車場は大変混雑する。今回は最もポピュラーな東山を登るコースを紹介しよう。このコースは7合目の山小屋まで車で行けて、標高1000m超えの頂上まではわずか60分ほどで登頂できるため非常に人気が高い。道々141号線が雪解けとともに開通すると駐車場は大変混雑する。週末に行く場合は早めに行く必要があるだろう。初心者でも気軽に登ることができる山だが真夏は日陰がないため熱中症に注意したい。6月上旬から中旬頃には高山植物がたくさん咲くためその時期がオススメだ。
コースの登り始めは木で整備された階段を登る。きれいに整備されているためスニーカーで登ることも可能だ。途中からは活火山によくある砂礫帯が多くあり、滑って転びやすいため注意しよう。外輪まで上がり切ったら右に行けば東山山頂となる。



登山口


黄色のコマクサ
撮影:2017/06/20

白のコマクサ
撮影:2017/06/20

ウコンウツギ
撮影:2017/06/20

イソツツジ
撮影:2017/06/20


ご来光

有毒ガスの危険があるため山頂には行けない。
東山と西山の外輪が山頂になっている

ご来光を見に早朝に訪れる人も多い




ご来光を見るために訪れる人が多い


動画はこちら  (2016/08/05)




動画はこちら (2016/08/13)



動画はこちら(2017/06/20)



0 件のコメント:

コメントを投稿