神居尻山 Bコース Aコース 周遊


山頂付近がすぐに見えるようになる

—————–
山:神居尻山
標高:947m
活動距離:10km
高低差:694m
累積標高上り 1,677m / 累積標高下り 1,681m
往路コース:Bコース
復路コース:Aコース
登り:2時間
下り:1時間40分
体力度:★★☆☆☆
危険度:★☆☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆
レベル:初級

トイレ:登山口にキャンプ場のトイレあり
トイレMAP:登山口と同じ

登山口駐車場:登山口にあり
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/udX5XJpwvnq

温泉:中小屋温泉(400円)
温泉URL:http://n43.net/onsen/nakagoya/kikunoen/index.htm
温泉 MAP:https://goo.gl/maps/Ri9i3B7Er2U2

YAMAP:https://yamap.co.jp/activity/16659 (2014/07/19)
—————–
 神居尻山(かむいしりやま)は札幌から北の方にある標高947mの山だ。この近辺には夏山で登ることができる山が少ない。その中でも初心者が安心して登山ができる数少ない山だ。ここは道民の森にあるキャンプ場が登山口にあるためとても整備されている。キャンプ場の管理棟にいけば地図や花の資料も置いてあるため一度立ち寄ってみると良い。山頂付近には避難小屋がある。天気が悪くなってきた場合もそこに避難することができるようになっているのはありがたい。登山口には自動販売機があるため下山したらすぐに冷たい飲み物を飲むことができる。
 コースはAコース、Bコース、Cコースと分かれている。今回はBコースから登りAコースから下山するコースを紹介しよう。
 Aコースは距離が長い分、急登はない。それに比べてBコースとCコースは急な登りがいくつかあり、一気に標高を上げる道になっている。Bコースの木の階段は登りにはけっこうきつい。意識してゆっくり登るようにしよう。一気に標高を稼げるため良い景色をより早く見ることができるのは魅力だ。Aコースの下には山頂から少しの距離に避難小屋がある。風が強ければここでランチにするのも良い。そのあとの下山にはAコース、Bコースのような木の階段はなく、だらだらとした緩やかな傾斜だ。膝への負担は少ないが距離が長くなる。

キャンプ場が管理しているため標識は豊富にある

途中でBとCの分岐になる

このような道を歩き

登山口に着く

少し急な登りをひたすら登る

山頂付近がすぐに見えるようになる

山頂にて

山頂からAコースへの稜線。途中には避難小屋がある








0 件のコメント:

コメントを投稿