2018年3月27日火曜日

【冬山】空沼岳 下金山林道跡コース


空沼(からぬま)

—————–
山:空沼岳
標高:1251m
活動距離:12.45km
高低差:678m
累積標高上り/下り 1,102m / 1,116m
往路コース:下金山林道跡コース
復路コース:下金山林道跡コース
登り:4時間30分
下り:2時間
体力度:★★★
危険度:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆
レベル:中級

トイレ:南区常磐パーキング
トイレMAP:https://goo.gl/maps/gP8eFZuZR1y

登山口駐車場:ヘアピンカーブのところに駐車帯あり
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/11j6pJ54tXp

温泉:休暇村温泉 ※モンベル会員証、ベネフィット会員証で割引あり
温泉URL:http://www.qkamura.or.jp/shikotsu/hotspa/
温泉MAP:https://goo.gl/maps/TPTBfrTs6812

YAMAP:https://yamap.co.jp/activity/1662560 (2018/03/18)
—————–
 空沼岳(そらぬまだけ)は札幌近郊にある山で、標高は1251mある。山頂部は特に特徴がないため周りから見ても空沼岳がどこになるのかはわからない。山の上部には万計沼(ばんけいぬま)があり、そこには万計山荘がある。さらに上部には真簾沼(まみすぬま)がある。山頂から奥に進むと空沼があるが、夏道の登山道はない。
 冬は夏道通り進むルート、金山林道沢コース、下金山林道跡コースの三つがある
 今回は下金山林道跡コースを紹介しよう。金山沢の金山林道から歩けば登り返しはないのだが、借地している鉱山会社が通行を禁じているらしい。
 駐車場から道路を渡り、尾根伝いにアップダウンを繰り返す。気が多く歩きにくい場所もあるため雪が多い時期が良い。カーブミラーを見つけると漁川林道に入る。林道伝いに進むと少し下り沢を渡るヘアピンカーブがある。ここを少し進んでもう一つの沢のところから登るのが良い。尾根はアップダウンが多数あるため登りも下りも大変だ。標高900m付近から沢を離れて空沼の方に向かう尾根を登る。尾根を登り切れば空沼となる。空沼からは尾根を登れば山頂までは少しだ。





ヘアピンカーブにある駐車場

駐車場から道路を渡っていく

登山口

尾根を何度もも登ったり降ったりする。
木が多い

これでも広い尾根

漁川林道に到着。ここからは快適な歩きができる

林道をあるく

川を渡った先にある林道。この奥から登る

ゆるい尾根はアップダウンがある


時々古いピンクテープがある

空沼(からぬま)

斜面を少し上がる

すぐに稜線に出る。
この先はかなりカリカリになっているためスキーアイゼンがあったほうが良い

ほぼ山頂

山頂

動画はこちら























0 件のコメント:

コメントを投稿