2017年9月22日金曜日

登山で楽をするための三種の神器



登山は体力が必要なため、よりレベルの高い山に行くためにはトレーニングが欠かせません。
そんな辛いトレーニングをしなくてもお金で解決できて効果の大きいアイテムを三つご紹介します。

①サポートタイツ



いくつかのメーカーの商品を試しましたがやはりCW-X(ワコール)のサポートタイツが効果抜群です。足の疲れや膝の痛みを軽減してくれるため体力があってもきつめの山に行くときは欠かせません。いくつか種類がありますが、登山向きなものは二つあります。
エキスパートモデル」は膝に不安がある方向けです。膝の痛みが日ごろから気になる方はこちらがいいでしょう。膝の痛みにそこまで不安のない方は「スタビライクスモデル 」がおすすめです。

【膝に不安のある方向け】
(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ エキスパートモデル 吸汗速乾 UVカット HXO509 [メンズ]



【膝にあまり不安のない方向け】
(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ スタビライクスモデル (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット HZO549 [メンズ]




②アミノバイタル


こちらもいくつかありますが「アミノバイタル プロ」が一番おすすめです。最上級のゴールドじゃなくてもこちらで十分パフォーマンスが向上します。
これはバテる前の少し疲れてきたかなぁ~くらいの時に飲むと、数分でいきなり体が軽くなってガシガシ登ることができるようになります。疲れ切ってからでは効果があまり感じられないため早めに飲みましょう。私も本気の山の時は飲みます。


③浄水器



浄水器もいろいろありますが楽をするのが目的なので小さくて軽いものとなると一択で「ソーヤーミニ」が使えるアイテムです。
 登山用品はすお金をかければ数十グラムあるいは数百グラムずつ軽量化が可能です。しかし、軽量化すると強度が落ちます。またいらないものを徹底的に省くというのも有効ですがそうすると快適さや山での食事が簡素なものになってしまします。
 登山のアイテムで一番重いものは「水」です。その水を軽くできればいいのですが、水が少ないと脱水症状を引き起こしてしまいますので減らすことはできません。
 でも、水を現地で確保できたら話しは違います。これは途中に川や沢、湧き水があるところ限定となりますがそのような山にもっていけば数キロ単位で荷物の軽量化ができます。
 一泊二日のテント泊なら体格や性別にもよりますが4リットル程度必要です。しかし、途中に沢があれば持っていく水は500mlくらいで十分です。それにこの商品の重さは約55gくらいなので、約1.4kgも軽量化ができます。これがあるだけで行動に余裕がでます。
ただし、いくつか注意点はあるので、詳しくはソーヤーミニのページでご覧ください。


いかがでしたでしょうか。今回紹介したのはどれも山で使用して本当に効果抜群と思ったものばかりです。ほかにもこれのほうが良い!なんてものがありましたらお気軽にコメントをください。





※上記リンクはAmazonアソシエイトを使用しています

0 件のコメント:

コメントを投稿