八剣山(観音岩山) 南口コース

切り立った山頂

----------------
山:八剣山(観音岩山)
標高:498
活動距離:1.94km
高低差:288m
累積標高上り 357m / 累積標高下り 378m
往路コース:南口コース
復路コース:南口コース
登り:50
下り:30
体力度:★☆☆☆☆
危険度:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆
レベル:中級

トイレ:登山口から少し離れたところに公衆トイレあり

登山口駐車場:有
登山口駐車場のGoogle Maphttps://goo.gl/maps/HjzuxYYy8pv

温泉:湯元小金湯温泉まつの湯(600円)
温泉URL:http://www.matsunoyu.co.jp/
温泉 MAP:https://goo.gl/maps/fLtZnERvEGy

-----------------
 八剣山は地図上では観音岩山となっている。札幌近郊で登るのに時間もかからないため、初心者も登りやすい山だが、切り立った岩壁や崖が多く非常に危険な山でもある。
 体力的には初心者でも簡単に登れるため毎年滑落事故が起きて死亡者も多くいる。
 間違ってもスニーカーでは登らない方が良い。ロープ箇所があるがロープがある場所、危険な場所は一人ずつ通過しなければならない。絶対に同時に進んではいけない。油断せず、慎重に登るように気を付けよう。また、すれ違う時は登りの人優先で下山者は落ちないように山側に避けることも忘れずに。
 コースは西口コース、中央口コース、南口コースの三つがある。
 今回は最も人気な南口コースを紹介しよう。
 登山口駐車場には小屋がありとても分かりやすい。登り始めから急登でロープも設置してある。油断せずゆっくり登ろう。急登が終わると緩やかな道となり森歩きを楽しめるだろう。途中の道は狭い場所も多く、落ちたら崖のような場所も多い。すれ違う時には山側に避けよう。景色が良くなってくると最も危険な岩場が待っている。あまりにも事故が多いため危険個所にはロープが多数張ってある。たとえ混雑していても絶対にくぐってはいけない。岩場を登っていくと崖下の狭い道を歩く場所もある。一人ずつゆっくり登ろう。
そのあとは一気に360度の景色が広がるが、狭い道幅の左右は急な崖のため油断せずゆっくり歩こう。最後の急な岩を乗り越えていけば山頂となる。山頂は狭いため少人数の登山が望ましい。




登山口の入山届を記載する小屋



駐車場は広い。いっぱいになっていれば路肩にも駐車可
ヤマハタザオ
撮影:2017/04/30



ヒトリシズカ(まだ開いていない)
撮影:2017/04/30

エゾエンゴサク
撮影:2017/04/30

シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)
撮影:2017/04/30

フッキソウ
撮影:2017/04/30

シロバナのエンゴサク


ホソバエンゴサク
岩場の途中には危険のため立入禁止のロープが張られている

切り立った崖


ここもかなり道がせまい

頂上にて
頂上はせまいため混んでいたらゆっくりできない

動画はこちら







0 件のコメント:

コメントを投稿