【冬山】手稲ネオパラ 西野浄水場コース

---------------
山:手稲ネオパラ
標高:693m
活動距離:8.60km
高低差:691m
累積標高上り/下り 898m / 895m
往路コース:西野浄水場コース
復路コース:西野浄水場コース
登り:3時間
下り:40分
体力度:★★★☆☆
危険度:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆
レベル:中級

トイレ:セブンイレブン札幌福井3丁目店
トイレMAP:https://goo.gl/maps/Pj7W67FvDtM2

登山口駐車場:西野市民の森入口に数台の車が駐車可能
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/T4bt3qahMBB2
※人気があり、とても混みやすいためできる限り乗り合いで行くことを推奨。せいぜい8台くらいが限界だ。

温泉:なし
温泉URL:なし
温泉 MAP:なし

YAMAP:https://yamap.co.jp/activity/641479 (2017/01/04)
---------------
 手稲ネオパラ(ていねねおぱら)は手稲山の東隣にあるピーク。山名はないが、ネオパラと呼ばれている。
 手稲山中庭にある山小屋パラダイスヒュッテの近くの斜面をパラダイスと呼んでいたのに対し、新しい(ネオ)パラダイスという意味で名づけられた。
札幌市内から気軽に行けるコースで非常に人気のコースだ。土日はもちろん平日でも混むことがあるため早めに行くか遅めに行く方が良いだろう。
 登り始めはほぼ平坦な道を進む。すぐに砂防ダムが見えてくる。林の中を進んでいく。途中で穴が開いている箇所がある。登りのときは問題ないが、下りのときに突っ込むと危険なため注意しよう。ロープが張ってあるが夢中になって滑っていると突っ込む危険がある。この後は徐々に高度を上げていく。第三斜面を過ぎて第二斜面までいくと亀裂がある。この亀裂は毎年発生するもので、一度できたら塞がらない。登るときによく観察して下山時に突っ込まないように注意しよう。
第一斜面までいくと山頂はあとわずか。スキー場の休憩所まで目指そう。中に入って風をしのぐことができる。








ここの駐車場は8台くらいが限界だ。

駐車場の手前。
 路肩が埋まりやすいため気を付けよう



一つ目の危険個所。大きな穴が開いているため滑降時に穴に突っ込まないように注意しよう。

第2斜面


第2斜面のところには大きな亀裂が毎年発生する。一度できた亀裂は埋まらない。
誤って突っ込むと怪我をするから十分注意したい。


元スキー場の山頂スナック。ここで寒さをしのぐことができる


山頂スナックの中。
 ※写真協力 YAMAP 波男さん

動画はこちら




































0 件のコメント:

コメントを投稿