GPSはスマホで充分。ガーミンなんていらない。雪山登山にはiPhone7を使え!

いきなり批判がきそうなタイトルですが、あえて言います。

高級なGPS専用機を購入しようか迷っている方。
GPS専用機なんていらないです(ガーミンとか)

今の時代はスマホ(iPhone7)が充分高性能なGPSになります。



GPSの機能が主に役に立つのは雪山登山だと思います。

そんな雪山登山で心配される以下の不安にお答えしましょう。


・バッテリーが持たない!?

持ちます!
機内モードにしていればバッテリーの消費はかなり抑えられます。機内モードにしてもGPSは有効です。
雪山登山中にiPhoneで動画撮影をたくさんしても日帰り登山なら十分持ちます。

ただし、念のためモバイルバッテリーは必須です。
普通のモバイルバッテリーが面倒な人は以下のようなバッテリーケースがお勧めです。

実際に使ってみましたが、楽に充電できるので便利です。





・GPSの精度が低い?

いいえ、精度はかなり高いです。
古いスマートフォンはGPSの精度が低いものがありましたが、今の時代の最新スマホは気圧計も内臓していて、高度補正もあるためガーミンのGPSと遜色ありません(使い比べた方の話より)

ちなみに私はいつもYAMAPを使っていますが、地図アプリで最強なのはジオグラフィカだと思います。

・冬山で使うと寒さですぐに落ちるんですけど・・・(寒さに弱い)

いいえ、iPhone7は落ちません。いつも私は冬山登山中もiPhoneでたくさん動画を撮影しています。

iPhone6 plusを使っていたときは内臓のリチウムイオンバッテリーが寒さに弱いためにすぐに電源が落ちていましたが、iPhone7からは防水となり、中の温度が冷やされにくい構造になりました。
その結果としてかなり寒さに強くなっています。

ただし、絶対に落ちないというわけではなくー20度くらいの山頂の強風の中、長時間動画撮影をしているときにだけ落ちました。

公式では動作保障の耐寒温度は0度までとなっていますが、経験から-20度くらいは普通に行けると思います。(強風に長時間さらすとさすがに落ちます)

これ以外では落ちたことがなく、スキーで滑降しながら撮影しても寒さで電源が落ちることは一度もありません。

・冬山ではグローブをしているから操作できないんだけど・・・

タッチペンを使いましょう!
よくスマホで写真を撮影するためにグローブを脱ぐ人がいますが寒いのでやめた方がいいと思います。

以下のタッチペンをすぐに出せる場所にしまっておきましょう。

※100円のタッチペンも試しましたが、感度が悪くて使いにくいのでお勧めしません




・タッチペン落としそう・・・

大丈夫です!

100円ショップで販売している「リールホルダー」を使いましょう。これで手を放しても落ちることはありません。



高感度タッチペンと100均のリールホルダーの組み合わせは以下動画でも紹介しています






最後に・・・


私はアンドロイドのスマホを使ったことがないためiPhoneでの体験談ですが、ネットでいろいろ情報を調べていると防水対応のスマホならアンドロイドも寒さにかなり強いようです。

もしも今現在、GPSを検討している方でiPhone7以前の機種をお持ちの方は、迷わずiPhone7を購入することをお勧めします。







0 件のコメント:

コメントを投稿