激安アウトドアグッズネットショップ trekk INN でのお買い物方法

登山用品は非常に高額なものが多いですが、trekk INN(トレック イン)というサイトでとても安く購入することができます。

※このサイトは以前、trade INN(トレード イン)だったらしいので読み方は「トレック イン」だと思います。「トレッキン」ならtrekkinngになりそうです。

このサイトは海外からの発送となり個人輸入になります。
海外のサイトから個人輸入となるとハードルが高い、英語できないから難しい。。。となるかもしれませんがこのサイトは日本語に対応しているからわかりやすいです。

【メリット】

安い(配送料を含めても) ※今回の注文では日本で買うより約1万3千安く購入できた。
個人輸入でも16,666円以下の商品であれば関税がかからない(革製品等は除く)

デメリット】

配送が遅い(札幌への配送は13日間だった)
並行輸入品のためメーカーの保証はない(※TREKKINNで30日間返品保証はある)
商品によっては関税がかかる
16,666円以上の商品は関税がかかる、配送料も含めて計算すると商品によってはあまり安くならない

【関税について】

海外からの輸入をすると関税がかかります。
ものによっては消費税もかかりますが、課税価格の合計額が1万円以下だと関税は免除されます。

課税価格の計算方法は以下の通りです

課税価格=送料を除いた実際の支払い金額×0.6

上記の計算方法から16,666円以下であれば免税になります。

16,666円×0.6=9999.6円のため課税価格の合計額が1万以下となります。

しかし、革製品や毛皮製品は1万円以下でも課税の対象になることもあるためご注意ください。

大雑把に考えて革や毛皮じゃなければ関税はほとんとかからないと思ってもいいとは思いますが、詳しくはこちらのサイトをご確認ください。

※上記は他サイトや知人から聞いた情報ですが、今回はなぜか関税がかからなかったです。

今回の注文】
商品:TSL スノーシュー
商品代金:16803円
配送料:3075円
合計:19878円

関税について詳しくないため理由は不明ですがそんなこともあるようです。。

【購入方法について】


以下に購入方法を紹介します。

1.商品の検索は英語で 

まずはほしい商品を探してカートに入れます。
さすがに商品名は日本語に対応していないため英語表記の商品名で検索しましょう。
ここで値段


2.新規会員登録画面はないため、「ショッピングカート」のボタンをクリックして「お支払へ」をクリックしましょう。

この時に配送方法を選択できますが、安い方が最初は選択されています。このサイトでの購入は安さがメリットなので高い配送方法を選択する必要はないでしょう。




3.会員情報の入力(ローマ字)

海外のサイトで購入するのが初めての方はここが一番悩むと思います。

こんな感じに情報の入力が求められます。





基本、日本人が見て配送をするため必要な情報がすべて入力されていて、理解できればOKです。

基本的には以下のように入力をします。

【住所記載例】

北海道札幌市中央区南3条西11丁目3-32

Minami 3 Jo Nishi 11 Chome 3-32 , Chuo-ku, Sapporo-shi Hokkaido

以下が実際に入力した画面です。




4.入力した情報に誤りがないか確認

海外からの発送で住所誤りがあっては大変です。
入力に誤りがないか、3回はチェックしましょう。



5.「支払う」をクリックして確定しましょう。

そうすると以下の画面になります。これで注文終了です。





注文確定後にきたメール


その後きた配送情報。請求書を見ることができる。



INVOICE(請求書)と書いていないが、内容からして請求書だろう。













追跡サービスのURLがあるためそれを開くとこのような感じになる





読めない場合はGoogle Chromeを使っていれば右クリックして翻訳できる





変な日本語ですがなんとなく意味はわかると思います。






2017年1月31日に荷物が到着
サイトの表示では2017年1月18日の注文で、到着は1月27日から1月30日という記載があったため1日遅れの配送です。
札幌への配送で注文日から13日。思っていたより早かったです。

ちなみに受け取るときには「印鑑」が必要です。



中身はこんな感じ


無事にスノーシューが到着しました。




ちなみに今回注文した商品の日本のAmazonではこんな価格。2017年2月1日現在で、約1万円3千円安く購入できました。












































1 件のコメント:

  1. 通りがかりで失礼します。
    こういうのを公開して利用者が増えることで、メーカーや輸入代理店の圧力的な制限が掛かり購入できるブランドが減ってしまうきっかけになることがあります。
    INNでも既に日本に対する販売制限が掛かっているブランドがあり、愛用者としては残念な状況です。
    投稿者様にとっても好ましいことではないと思うのですが、いかがでしょうか?

    返信削除