風不死岳 夏道コース テント泊

—————–
日付:2017/02/11-12
山:風不死岳(ふっぷしだけ)
標高:1102.3m
活動距離:24.22km
高低差:823m
累積標高上り/下り 2,080m / 2,076m
往路コース:141号線登山口→932峰付近(4時間30分) 932峰付近→風不死岳(3時間)
復路コース:風不死岳→932峰付近(1時間) 932峰付近→141号線登山口(3時間30分)
登り:7時間30分
下り:4時間30分
体力度:★★★☆☆
危険度:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆
レベル:中級

トイレ:支笏湖観光センター
トイレMAP:https://goo.gl/maps/afPWgVdMpDm

登山口駐車場:樽前山7合目ヒュッテ前に有
登山口駐車場のGoogle Map:https://goo.gl/maps/HpeFVF1QXpM2

温泉:休暇村温泉 ※モンベル会員証、ベネフィット会員証で割引があります
温泉URL:http://www.qkamura.or.jp/shikotsu/hotspa/
温泉MAP:https://goo.gl/maps/TPTBfrTs6812

YAMAP:https://yamap.co.jp/activity/691473 (2017/02/11-12)
—————–

全体地図


詳細地図



 登山口
 夏は通行可能な道道141号線
 2時間半ほど歩いて樽前ヒュッテ7合目に到着。
ここの管理人がいたので話をすると、以前は山小屋だったが、避難小屋にかわったそうだ。
だから基本は避難専用とのこと。

 樽前ヒュッテ7合目から風不死岳の夏道コースの少し横を歩く。シュカブラがある。
この道は一部氷化しているところもあるため、スキーならスキーアイゼン(クトー)はあったほうがよい。この日は気温が高いためか、シールのみで登れた。






冬のテント泊では雪を溶かして水を作る。

 燃料さえもっていけば大量の水を持たなくて良い。

 溶かした水には葉っぱ等が浮いているためコーヒーフィルターを使ってろ過する。
 翌日の天気。
白い









視界不良ではなかったためピークに到着。
ただし、お楽しみの支笏湖の展望は一切なかった。










動画はこちら(3本立て 準備中)

Episode1


Episode2




Episode3















0 件のコメント:

コメントを投稿