山回りキックターン


山回りキックターン。
スキーでは通常、谷周りにキックターンをする。
山スキーの場合は登るときに谷周りにキックターンをすると稼いだ標高を下げなければいけない。また急斜面で標高を稼ぐために山回りキックターンをする。

文字通り谷周りではなく山回りにキックターンをするだけだ。

詳細はこちらの動画の「5:16」当たりからみるとわかりやすい。





















0 件のコメント:

コメントを投稿