砥石山 中の沢コース

登り始めの道

----------------
山:砥石山
標高:826m
活動距離:8.73km
高低差:616m
累積標高上り 826m / 累積標高下り 802m
往路コース:中の沢コース
復路コース:中の沢コース
登り:2時間20分
下り:1時間40分
体力度:★★★☆☆
危険度:★☆☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆ 
レベル:初級


トイレ:登山口にあり
トイレMAP:登山口にあり

登山口駐車場:あり。6台程度駐車可
登山口駐車場のGoogle Maphttps://goo.gl/maps/MKnZv7HnX5n

温泉:なし
温泉URL:なし
温泉MAP:なし

-----------------
 砥石山(といしやま)は札幌から気軽にいくことができる山で標高は826mある。山頂からの景色は良くなく、途中にも眺望の良い場所はほぼない。その一方で、4月下旬や5月上旬には花がたくさん咲いているためなかなか面白い。樹木が多いため10月中旬頃の紅葉の時期に行くのもオススメの山である
 登山道は中の沢コース、小林峠コース、砥石沢コース(源八沢ルート)の三つがある。
 ※砥石沢コース(源八沢ルート)は2016/10/16確認時閉鎖中
 今回は一番人気がある中の沢コースを紹介する。
 中の沢コースはコース沿いにしばらく沢があるため、水際に咲く花が見られる。沢の心地よい音を聞きながらの登山はとても楽しめるだろう。橋があるため渡渉で苦労することはない。登り始めはすぐに橋を渡り緩やかな登山道を歩く。地面も柔らかくとても歩きやすい。砂防ダムを超えて途中で十字路があるがまっすぐ進む。橋をいくつか超えて沢が途切れるところから徐々に標高を上げていく。つづら折りの急登を超えていくと、小林峠との分岐に来る。左が山頂方面。分岐からはいくつかアップダウンがあり体力が奪わる。景色も見えないため少し辛い。途中で三角山と記載された分岐がある。追加20分ほど三角山の山頂を経由して砥石山に行くことができる。多少の眺望があるため体力があれば行ってみよ。山頂手前で最後の急登を登っていけば山頂に着く。樹木に囲まれているため景色は良くない。
砥石沢コース(2016/10/16確認時閉鎖中)
登山口駐車場

 登山口にトイレがある。紙はない。

エゾエンゴサク
撮影:2017/04/30

エンレイソウ
撮影:2017/04/30

熊出没注意の看板もある

ルート図もある

登り始めの道

沢で癒される

落ち葉がたくさんある道をいく

ミズバショウ
撮影:2017/04/30

フクジュソウ
撮影:2017/04/30
エゾノリュウキンカ
撮影:2017/04/30


沢を超えると徐々に標高を上げていく

ヒメイチゲ
撮影:2017/04/30

ナニワズ
撮影:2017/04/30

途中にある三角山

三角山からの景色

三角山から砥石山山頂方面へ一度下る

砥石山山頂


登山口の動画はこちら






動画はこちら






0 件のコメント:

コメントを投稿