余市岳 白井右股川コース

林道とは思えないほどの藪
泥でぬかるんだ道がとても多い

—————-
山:余市岳
標高:1488m
活動距離:20.5km
高低差:1058m
累積標高上り 1,359m / 累積標高下り 1,372m
往路コース:白井右股川コース
復路コース:白井右股川コース
登り:4時間50
下り:3時間50分
体力度:★★★★☆
危険度:★★★★☆
オススメ度:★☆☆☆☆
レベル:上級

トイレ: ※登山口から車で20分ほど道路情報館があって綺麗なトイレあり(札幌方面から)

登山口駐車場:あり
登山口駐車場のGoogle Maphttps://goo.gl/maps/kkyztnZWDwj

温泉:湯元小金湯温泉まつの湯(600円)

YAMAPhttps://yamap.co.jp/activity/526211 (2016/10//14)
――――――――
 余市岳(よいちだけ)は札幌の最高峰で、標高は1488mある。山頂付近は平な地形となっており飛行場と呼ばれている。北側の斜面はキロロリゾートのスキー場になっている。

 登山道は天狗小屋からスタートする白井右股川コース赤井川コース、ゴンドラコースの三つがある。
 今回はマイナーで上級者向きの白井右股川コースを紹介しよう。
 登山道は定山渓天狗岳の登山口にもなっている天狗小屋からスタートする。
 ここは最初に林道を2時間ほど歩く。林道といっても途中からはかなり崩壊していて廃道といっていいほどだ。途中でわかりにくい分岐が多数あるためしっかりとGPSや地図で確認しよう。2時間ほど歩くと踏み跡が薄っすらと見える笹に覆われた道を行くことになる。2m越えの笹薮の中をかき分けていくのはかなり大変だ。途中で分岐があるがこれもかなりわかりにくいため見逃さないように慎重に。所々開けたところはあるがほとんど笹薮を漕いでいくことになる。朝露で湿った笹を漕いでいると全身びしょ濡れになるため防寒対策はしっかりしよう。スタートから4時間50分ほどで赤井川、ゴンドラーコースの登山道と合流する。ここからは快適な登山道となり、目の前に余市岳山頂が良く見える。今までの道に比べたら最後の急登も楽に思えるだろう。急騰を登り切れば展望台が待っている。展望台からは目の前に羊蹄山が見える。晴れていれば誰もが歓喜の声を上げるだろう。展望台から10分ほどハイマツの道を歩けば山頂標識がある山頂だ。景色は展望台の方が良い。





ここからスタート

最初はふつうの林道

途中から林道が崩壊している

林道とは思えないほどの藪
泥でぬかるんだ道がとても多い

ロープばもある

説明を追加

この笹薮を突っ切っていく

途中の開けた場所

少しだけ山頂方面が見える

赤井川コースと合流し山頂手前の急登。雪が降っている
撮影:2016/10//14


展望台。奥に見えるのは羊蹄山

山頂の


動画はこちら








0 件のコメント:

コメントを投稿