登山ダイエット 私はこれで-23kg!ジムの運動が続かないあなたにおすすめ!

登山ダイエット

文字通り登山でダイエットすることだ。
私は登山開始当初、103kgあった体重を登山ダイエットで80kgまで落とすことができた。
-23kgだ



登山開始直後の私

とてもぽっちゃりしている。
最初は簡単な山でもつらかった。






こっちのほうがわかりやすい。
顔がぽっちゃりしている。


















登山をしてから2年ほど経過した私

かなり痩せた。23kg分脂肪という荷物がないからとても身軽だ。














登山は、歩くことによる有酸素運動(カロリー消費)と、
山を上り下りする際の無酸素運動による筋肉増量(基礎代謝増加)が期待できる。

ダイエットのコツは何と言っても「継続」にある。

どんなに有効な方法があっても継続しなければ意味がない。
痩せたからと言って、食事を以前の量に戻して、運動しなければまた太る。

そこで続けることができるダイエットとして、私は登山を強くお勧めする。


[理由】 なぜ登山がいいのか?

1.消費カロリーがとても高い

もちろん距離にもよるがフルマラソンと同程度のカロリーを消費すると言われている登山。実際に登山用のアプリでカロリー計算すると、4000キロカロリーを消費していることもある。


2.途中で諦めずに自然と頑張れる

山頂まで行くのが当たり前だから自然と頑張れる。
ここが重要だ。
ジムでトレーニングしているときはいつでもやめることができるから、疲れたらすぐに終わらせてしまう。私の場合はそうだった。
しかし登山では山頂まで行くのが登山で、山頂まで行っても自分の足で下山しなければいけない。
途中でやめることはできない。だから最後までできる。


3.ストレス解消効果が抜群

運動すること、良い景色を見ること、下山後は温泉に行って旅行気分も味わえるからストレス発散にはとても良い。だからまた行きたくなる。継続できる。


4..ダイエットが楽しくなる

最初は初級の簡単な山にしか行けないが、そのうち中級以上の山に行きたくなる。
そのためには体力づくりと減量が必須。自然と目標をもって体力づくり、減量に取り組むことができる
私は、登り5時間の山に行くために今まで苦痛だったジムでのトレーニングに励むことができた。
食事制限も自然とできるようになった


【注意すること】

・登山のお昼ご飯は普通に食べよう

むしろちょっと高カロリーのものを食べよう。
山でエネルギー不足になると下山できなくなる。昼ご飯はきちっと食べよう。


・下山後はタンパク質を大目に、食べ過ぎには注意

下山後のごはん、基本的にあまりきにする必要はない。
疲れているから好きなものを食べよう。しかし、食べ過ぎだけは注意。せっかく消費しても食べる量が多すぎれば元通りだ。

登山では筋肉をたくさん使うから、タンパク質を大目にとるように心がけるとよい。そうすることで筋肉がついて、基礎代謝が上がって痩せる。

実際、私はとくに気にせずタンパク質多めにとるだけで自然と痩せていった。






0 件のコメント:

コメントを投稿