余市岳 赤井川コース

山頂手前の展望台

—————-
山:余市岳
標高:1488m
活動距離:17.41km
高低差:944m
累積標高上り 1,567m / 累積標高下り 1,569m
往路コース:赤井川コース
復路コース:赤井川コース
登り:3時間50
下り:3時間
体力度:★★★☆☆
危険度:★★☆☆☆
オススメ度:★★★☆☆
レベル:中級

トイレ: キロロリゾート
トイレマップ:登山口駐車場と同じ

登山口駐車場:キロロリゾートの駐車場を利用する。邪魔にならないようできるだけ奥に駐車しよう。
登山口駐車場のGoogle Maphttps://goo.gl/maps/7u7BuHx5edq

温泉:赤井川村保養センター(400円)
――――――――
 余市岳(よいちだけ)は札幌の最高峰で、標高は1488mある。山頂付近は平な地形となっており飛行場と呼ばれている。北側の斜面はキロロリゾートのスキー場になっている。
 登山道は天狗小屋からスタートする白井右股川コース、赤井川コース、ゴンドラコースの三つがある。
 今回はゴンドラを利用せずにスキー場側から登る赤井川コースを紹介しよう。
 スタートは駐車場から。ホテルの右側にある林道入り口に登山届がある。ここから長い林道歩きのスタートだ。1時間ほど歩いてようやく登山口の看板が出てきてそこから一度スキー場のコースに出る。わかりにくいがスキー場のコース山側右手に登山道がある。ようやくここから本格的な登山道だ。近くに沢が流れているためドロドロになってる箇所が多い。泥に気を付けながら進むと渡渉がある。飛び石でわたれば濡れることはない。渡渉を3度ほど繰り返すと笹がきれいに刈り取られた広い道にでる。景色はなかなか見えず、つらい急登だがスタートから3時間ほどでようやくゴンドラコースとの分岐に出る。このあたりから目の前に余市岳山頂が良く見える。右に進んで山頂を目指すと一度コルまで下り、最後の急登を迎えることになる。辛いがそこを登り切れば展望台が待っている。展望台からは目の前に羊蹄山が見える。晴れていれば誰もが歓喜の声を上げるだろう。展望台から10分ほどハイマツの道を歩けば山頂標識がある山頂だ。景色は展望台の方が良い。



駐車場はキロロリゾートホテルを使う。
迷惑にならないように、ホテル入口から少し離れた場所に停めよう。

ホテル右側の道を歩くと、このようなゲートがある。
ここを進んでいく。

林道をしばらく歩くとようやく本当の登山口

また少し進むとスキー場に出る。
ここが広すぎてちょっと迷う

この看板を探そう。ピンクテープがあることも。
ここから先は泥道が多い。
スパッツがあると快適だ。

タニウツギ
撮影:2017/07/08

オオバミゾホオズキ
撮影:2017/07/08

マイヅルソウ
撮影:2017/07/08

途中の沢

途中でゴンドラコースとの分岐につく

ゴンドラコース分岐付近から山頂

ゴゼンタチバナ
撮影:2017/07/08

エゾカンゾウ
撮影:2017/07/08

イソツツジ
撮影:2017/07/08

山頂手前の展望台
山頂よりここの方が見晴らしが良い


ツマトリソウ
撮影:2017/07/08


ハクサンチドリ
撮影:2017/07/08


ミヤマオダマキ
撮影:2017/07/08

本当の山頂。ここはハイマツがあるため座ると景色が見えない。
写真だけ撮影して見晴台に戻ってランチをするのがオススメだ。

動画はこちら




0 件のコメント:

コメントを投稿